EVENT

【重要・開催見送り】ドイツ・ブランデンブルグ州エネルギーシステムセミナー 2020

【重要・開催見送り】ドイツ・ブランデンブルグ州エネルギーシステムセミナー 2020
日時 - 
2020.3.2 (月)  -  13:15 - 16:35

イベント詳細、お申込みについては、イベント主催者ページでご確認ください

<セミナーの開催を延期いたします>
 
3月2日(月)開催予定のイベント「ドイツ・ブランデンブルグ州エネルギーシステムセミナー 2020」は、新型コロナウイルスの影響により安全を考慮しまして、中止することと致しました。
開催を楽しみにされていらっしゃった皆様には、大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程お願い申し上げます。
今後の計画等につきましては、決まり次第 改めてご案内さしあげますので 今後ともよろしくお願い致します。

********************************************************

NEDOは、スマートコミュニティ・アライアンス(JSCA)とともに、3月2日に「ドイツ・ブランデンブルグ州エネルギーシステムセミナー 2020」を開催します。

ドイツではEnergie Wende(エネルギー大転換)の実現に向けて、再生可能エネルギー(以下、再エネ)導入拡大を脱炭素の切札として進めており、最近では特に再エネを利用した電力を運輸分野で用いたり、再エネを熱として建物内の暖房に使用するなどセクターカップリング(分野融合)を進めています。

その中でも特に風力発電が盛んな旧東ドイツ地域では、風力発電の大量導入に起因する課題の解決を目指して、ドイツ連邦経済エネルギー省(BMWi)のスマートコミュニティプロジェクトの1つである「WindNODE」を2020年まで実施しており、デジタルネットワーキングを通じて、再エネ発電、電力網、エネルギー利用者を効率的に組み合わせること、また、全てのエネルギー源を効率的に統合し、電力、熱及び運輸利用の全体最適化を図ることを目指しています。

今回、上記の分野に関連する公的機関等の担当者が来日する機会に合わせ、当該プロジェクトの成果に加えて、2038年までにドイツ国内の石炭・褐炭による発電を全廃する方針が決定したことを受け、褐炭生産の中心地としてエネルギーシステムの変革を迫られるブランデンブルグ州における新たな産業創出・育成に向けた動きや、新たな技術を積極的に導入しながら、電力、ガス、熱などのエネルギー供給をはじめとする多様な社会サービスを地域に提供する都市公社(シュタットベルケ)についてご紹介いただき、あわせて、NEDOが実施するスマートコミュニティ及び水素・燃料電池に関する取組についても紹介いたします。両国における事業への取組、その成果及び最新情報に触れられるだけでなく、ドイツの専門家と議論ができる貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。

◆開催日時・場所
 日時: 2020年3月2日(月)13時15分 ~16時35分

 場所: K-NIC (Kawasaki-NEDO Innovation Center) 
    (神奈川県川崎市幸区大宮町1310番ミューザ川崎セントラルタワー5階)

参加費:無料(要事前登録)

◆申込み、プログラム詳細はこちらから
 https://www.nedo.go.jp/events/AT52_100044.html

<お問い合わせ先>
スマートコミュニティ部 担当者 廣瀬、斉藤
Tel:044-520-5274
E-mail smartcommunity@ml.nedo.go.jp

イベント詳細、お申込みについては、イベント主催者ページでご確認ください