EVENT

【11/17-12/15開催】 K-NIC Social Business School ~社会問題をビジネスで解決するには~

【11/17-12/15開催】 K-NIC Social Business School ~社会問題をビジネスで解決するには~
日時 - 
2021.11.30 (火)  -  18:00-20:00

イベント予約は以下のボタンからお申し込みください

K-NIC Social Business School~社会問題をビジネスで解決するには~(川崎市ソーシャルビジネス起業セミナー)を
2021年11月から12月にかけて全6回開講いたします。

|概要
昨今、社会格差をビジネスで解決するソーシャルビジネスが注目されています。
しかしソーシャルビジネスで利益を出し、成り立たせるのは非常に難しいもの。

今回のK-NIC Social Business Schoolでは
ソーシャルビジネスを如何にビジネスとして成立させ、成長させていくか
事例を用いながらお伝えしていきます。
また事例を聞くだけではなく、ご自身の事業プランを作成いただく
実践型の講座になっております。

講師としてお招きするのは
年間55億円を稼ぎながら、新しいソーシャルビジネスを次々と生み出す企業、ボーダレス・ジャパン、
一般社団法人インパクト・マネジメント・ラボ・日本政策金融公庫の3社。
ソーシャルビジネスで実績のある方々にご登壇いただきます。

昨年の受講生の方は、会社員の方、すでにご退職された方、子育て中の方や現役大学生など起業準備中の方や、
個人事業主としてお仕事されている傍ら新たに新規事業を立ち上げたいと検討されている方、
また日本の社会課題に関心があり日本でビジネスを立ち上げたい外国人の方など、
少数ながら個性的で幅広い背景をお持ちの方が受講しました。

なお、K-NIC Social Business Schoolは
所定の要件を修了すると、起業時にメリットが受けられる特定創業支援の認定を受けることができます。

社会課題に関心が高く、ビジネスで解決したい方。
この機会にぜひお申込みください。

|スケジュール・内容
<第1回>11月17日(水)18:00-20:00
事例に学ぶソーシャルビジネス part1
~環境問題に挑むハチドリ電力、挑戦の軌跡~
登壇者:ハチドリ電力 代表 小野 悠希氏 

<第2回>11月25日 (木) 18:00-20:00
事例に学ぶソーシャルビジネス part2
~不登校学生の個性と未来を照らす、夢中教室WOW!の授業とは?~
登壇者:ワオフル株式会社 代表取締役社長 辻田 寛明 氏

<第3回>11月30日 (火)18:00-20:00
事例に学ぶソーシャルビジネス part3
~見えないホームレスを救う、いえとしごとが取り組む支援の形~
登壇者:Relight株式会社 代表取締役社長 市川 加奈 氏

【宿題】事業プラン作成
この事業プランを元に、4回目以降のワークショップを進めていきます。

<第4回>12月6日(月)18:00-20:00
ソーシャルビジネスのための資本政策(講義&ワークショップ)
登壇者:日本政策金融公庫

<第5回> 12月8日 (水) 18:00-20:00
ソーシャルビジネスのコンセプト策定(講義&ワークショップ)
登壇者:一般社団法人インパクト・マネジメント・ラボ アソシエイト・共同代表
土岐 三輪 氏

<第6回> 12月15 (水)18:00-20:00
ソーシャルビジネスモデル策定&フィードバック(講義&ワークショップ)
登壇者:一般社団法人インパクト・マネジメント・ラボ土岐 三輪 氏

※プログラムの内容・順番などは予定となっており、状況によって変更する場合もあります。
※特定創業支援事業に認定されています!
⇒修了要件(全6回の参加)を満たした場合、法人設立時の登録免許税の軽減、信用保証枠の拡大等の支援を受けることができます。

 

|おすすめの参加者
・ソーシャルビジネスによる起業や、事業化に関心のある方
・社会問題に関心が高い方、解決したい方
・新規事業立ち上げを志す方
・全6回の講義に参加できる方

|講師
※こちらは終了しました
<第1回>
ハチドリ電力 
代表
小野 悠希 氏

■略歴
2018年に起業家採用枠でボーダレスに新卒入社。1年間ボーダレスリンクでミャンマーの小規模農家を豊かにするためのモデルを立ち上げ、帰国後はILOITOOで事業リーダーを経験。最前線で社会のために働きたいという思いが強くなっていたタイミングで、当時話題になっていたグレタさんを通じて環境問題の予断を許さない状況を知る。今すぐだれかがどうにかしなければ、今後地球がどうなっていくかわからない、そんな状態に強く危機感を覚え、ハチドリ電力の立ち上げに参画。

※こちらは終了しました
<第2回>
ワオフル株式会社 
代表取締役社長
辻田 寛明氏

■略歴
東南アジアの貧困研究のなかで貧しいながらも笑顔に絶えない子どもと出会う反面、学生時代携わっていたキャリア教育を通して出会った日本の中高生たちの自己肯定感の低さに問題意識を覚える。2019年ボーダレス・ジャパンに新卒入社し、 MENT、POST&POSTの修業 、ハチドリ電力の立ち上げサポートを経て、ワオフル株式会社を創業。ウサギとカメのカメのごとく、不器用で幾度も失敗しつつも、子どもたちが自分の可能性にワクワクできる社会を目指す。

<第3回>
Relight株式会社
代表取締役社長
市川 加奈氏

■略歴
大学で国際協力を学ぶ。途上国の貧困問題を調査するうちに、日本にも貧困問題があることに気づき、ホームレス問題の解決を志すようになる。全国の炊き出しや夜回りに参加し、支援者や当事者と対話をした結果、支援ではなく持続可能なソーシャルビジネスをするために、ボーダレス・ジャパンに入社。約3年間、JOGGOにてバングラデシュと日本の生産管理や、精神疾患・発達障害者が一人前の職人として働く国内工場の立ち上げを行う。生産体制が整ったタイミングで退職し、ホームレス問題をテーマにした事業を開始。 2021年 Forbes JAPAN 30 UNDER 30 に選出。

<第5回/第6回>
ソーシャルフリーランス
一般社団法人インパクト・マネジメント・ラボ アソシエイト・共同代表
土岐 三輪氏

■略歴
新卒後、ITコンサルティング勤務の後、ベンチャー企業にて環境・CSRコンサルティングに携わる。NPOにて、東日本大震災における地域経済の復興支援事業に1年半、バングラデシュの農村における女性の収入創出事業に3年間従事。社会的インパクト投資、社会起業家支援のNPOを経て、2019年よりソーシャル分野におけるフリーランスとして独立。社会的インパクト・マネジメントを軸に、NPOの伴走支援、SDGsコンサルティング、ソーシャル分野の事業開発を手掛ける。

|場所
完全オンライン(Zoom)にて実施します。

|参加費
無料
(会員登録が必要となります。会員登録はこちら)

|定員
30名
※定員に達した場合、参加ができない場合がございます。
予めご了承ください。

|申込期限
2021年11月15日(月)18時00分まで

|主催
川崎市 経済労働局イノベ―ション推進室

|協力
日本政策金融公庫 株式会社ボーダレス・ジャパン

|参加方法
①メンバー登録がお済みの方はこちらから、メンバー登録いただいていない方はこちらからお申込みをお願いします。
②お申込みフォームへの入力が全て完了している方にのみ、当日、zoomの『参加者用URL』をイベント開始1時間前にメールにて送付致します。
③メールが届かない方は迷惑メールフォルダをご確認の上、事務局までご連絡ください。

|イベント参加にあたってのご注意*必ずお読みください!
・コロナウィルス感染防止の為、登壇者もオンラインにて参加となります。
・今回のWEBイベントは、『zoom』でご参加いただきます。音声や画像の精度は通信環境に依り、また映像や音声が乱れる場合もございます。予めご了承ください。
・WEBイベントに参加できるのは、事前にメンバー会員登録いただいた方のみとなります。
・WEBイベント内容の録画、録音、撮影についてはお断り致します。
・『zoom』を使用することにより、通信量がかかりますので、予め、ご了承ください。
※ 時間の都合で質問を受け付けない可能性もあります。

・終了時刻は目安となります。予定時刻が前後する可能性がございます。
・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、または主催者の事由などにより、イベントの実施が困難となった場合、当イベントを中止する場合がございますので予めご了承下さい。中止の際のお知らせはメールとホームページの「INFORMATION」にて行います。

【お問い合わせ先】
Kawasaki-NEDO Innovation Center (K-NIC)運営事務局
〒212-8551
川崎市幸区大宮町1310番地ミューザ川崎セントラルタワー5階
(JR川崎駅西口からペデストリアンデッキで直結)
営業時間:平日13時~21時(最終受付20時)
https://k-nic.jp/
Mail:info@k-nic.jp/TEL:044-201-7020

イベント予約は以下のボタンからお申し込みください