SUPPORTOR

野秋 盛和Noaki Morikazu

K-NIC サポーター

事業計画 ヘルスケア  アイデアブラッシュアップ エクイティファイナンス IoT / AI Webサービス ソフトウェア開発 技術シーズの事業化

PROFILE

東京理科大学工学部電気工学科卒業、在学中に、電子技術総合研究所(現産業技術総合研究所)バイオニクス研究室にて眼球運動計測システム研究。卒業後、システムエンジニアとして通信制御ソフトウェア開発に従事。1984年ベンチャーとして、コアグループ生産技術研究所設立に参画、取締役研究開発部長としてマルチプロセッサー3D-CAMシステム開発、1991年株式会社 コア 組込み系システム開発部門事業部長、1992年米国ベンチャー企業と技術・業務提携により日本発のPDM新事業立ち上げる。1996年取締役就任、以来、2003年事業企画本部長、IPAマッチングファンド プロジェクトマネジャー、2006年から2011年まで取締役常務執行役員(CIO,CFO)を歴任。2016年日本イノベーション融合学会顧問、人材育成コンサルタント、先端科学技術の事業化支援を行うテクノロジーシードインキュベーション(株)のビジネスコーディネータなどを務めている。